MMジョイントDS型での橋梁補修のご案内

mmcatch01

東京オリンピック、高度経済成長の時代に、

日本各地に一気につくられた橋、道路、トンネルなどの、

私たちの暮らしを支える構造物が、50年の歳月を経て、

老朽化が進み、近年、トンネル落盤事故など、

大変大きな被害を引き起こしています。

トンネルだけではありません。

全国の橋梁も老朽化が問題になってきています。

chuoukouron

 

mmcatch02

橋は、夏冬の気温差で、大きく伸縮を繰り返しています。

その伸縮を吸収するために、橋には、

伸縮継手・ジョイント部という、継ぎ目があります。

pic-brigde1

pic-joint

 

伸縮継手(ジョイント)部には隙間があり、そこが伸縮することで、

橋全体の伸縮を吸収しているのです。

joint

伸縮継手(ジョイント)の課題とは・・・

橋梁の伸縮継手は、車両の走行性を悪くし、ドライバー等に不快感を与えるだけでなく、

舗装との段差等による衝撃や騒音・振動等の環境問題が生じる要因となっています。

また、ジョイントのある桁端部は排水機能が損なわれた場合、

漏水等による損傷が激しい部分であり、桁端部の腐食や、

支承部の損傷等橋梁の耐久性に大きく影響しています。

更に、ジョイントの破損に伴う補修工事による

交通規制渋滞の誘発等も道路管理上大きな問題です。
mmcatch04

002

mm02

mm003

mm005

 

mmcatch06

ちょっと想像してみてください。

もしも、大地震が起きたときに、劣化した橋が倒壊し、

使用できなくなったら、どのような事態を引き起こすでしょうか?

大地震が起こり、津波から避難する時に、

その途中の道路にかかる橋が使えなくなっていたら、

逃げ延びることができません。

救急車や消防車などの緊急車両も通ることができません。

救援物資を届けることもできません。

巨大地震が、次、いつ起こるか分からない我が国では、

橋の補強補修が急務なのです。

 

山王株式会社のMMジョイント工法は、

水の浸透が起こらない工法です。

 

catch5

 

どのように、伸縮を繰り返すジョイント部分で、

雨水の侵入を防ぐことができるのか、

そのしくみについて説明します。

分かりやすく例えると、

ジョイント部分、つまり隙間の部分に、柔らかい消しゴムような

付着性、伸縮性、防水性に優れた舗装材(APJ-150バインダー)を埋め込み、

その両側に、全く隙間ができないようにしているのです。

mmimage

 

これまで、類似の工法はありましたが、多少なりとも、水の侵入が見られました。

しかし、このたび

山王株式会社のMMジョイント工法(新工法 DS型)では、

水の浸透がみとめられないということが、

15年間に相当する促進試験によって、認められ、

NEXCO総研の規格値を全て合格しました。

 

shomei

このMMジョイント工法(新工法 DS型)での橋梁補修により、

雨水による橋の劣化を抑えることができるようになるのです。

 

MMジョイント工法(新工法 DS型)での橋梁補修工事について、

詳しくは、お気軽にお問い合わせください。